FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖斥人174

 くらはは村長の表情の中に安堵の色を見て取った。たまもの選択は正しかったのだ。そこまで読み切っていたのかもしれないと思う。くらははますます妖が分からなくなった。たまもの存在は、父のことを意識するのを頑なに拒み続けていたくらはが探してみようと思い直した一端でもあった。
「じゃ、行くか」
 くらははあずみといずみを見た。二人は同時に頷いた。 
 三人は森まで来る。森の入り口にはえんが立っていた。
「まだいたのかい?」
「ああ。もう行くところだが」
「もしかして待ってたのかい?」
「ああ。……一言謝っておきたくてな。悪かった。その、なんというか全てにおいて、わしに非がある」
「律儀だねえ。さて、なんのこと言ってんのかアタシには分からないけど」
「では……」
「別に気にしちゃいないさ。アタシも似たようなもんだったしね。考え改めるんなら言うことはなんもないね」
 えんは黙って頭を下げると走り出した。


スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

非公開コメント

フリーエリア

懸賞サイトChance It! ブログでブームはブロモーション ブログ広告ならブログ広告.com サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

プロフィール

妃 ねね

Author:妃 ねね
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
RSSフィード
RSS
リンク
加入リンク

みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ ブログで報酬稼ぐなら!buzzmo(バズモ)

ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。