FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖斥人173

「おぬしの中におるとき風の技を使(つこ)うたであろう。あれはわらわの力じゃないぞ。おぬしの中にあるもの。おぬしには分からぬかもしれぬが、あれは妖力じゃなく神通力じゃ。妖の中で神通力を使うものはそうはおらぬぞ」
「知っているのか?」
「知っていると言えば、知っておるのう。さて、どうする?」
 くらはに選択権はないに等しかった。
「分かった」
「そうか。ならわらわは引っ込むとするか」
 封じられることなくたまもは自ら進んでいずみと入れ替わった。
 あずみといずみの二人を見てから、くらはは村長へと視線を移した。
「そういうわけみたいだからさ」
 村長は眉を寄せつつも頷いた。
「分かりました。ならば仕方ありませんね」
 罪滅ぼしをすることはできなくなったが、村長の心は暗くもなかった。息子を育てることに失敗し、どうしようもなかったとはいえ、息子を死に追いやった二人をちゃんと育てられるか不安だった。先への重責から解き放たれほっとしていた。




スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

非公開コメント

フリーエリア

懸賞サイトChance It! ブログでブームはブロモーション ブログ広告ならブログ広告.com サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

プロフィール

妃 ねね

Author:妃 ねね
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
RSSフィード
RSS
リンク
加入リンク

みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ ブログで報酬稼ぐなら!buzzmo(バズモ)

ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。